このサイトはスタイルシートを使用しております。
お使いのブラウザはスタイルシートに対応していないか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性がございます。

ページの先頭になります。

ページ内移動用のリンクになります。

ここから本文になります。

WIC REPORT一覧(医学研究)

2013年10月22日
[医学研究] 摂食障害の最新研究を都民向けにわかりやすく  都医学研[660view]
東京都は10月22日に、平成25年度東京都医学総合研究所(都医学研)の都民講座(第6回)の開催案内を公表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年10月17日
[医学研究] DMD患者、ステロイド使用群で有意に歩行可能期間が延長[691view]
国立精神・神経医療研究センター(NCNP)は10月17日に、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)患者に対するステロイド治療が歩行可能期間を延長していることを明らかにしたと公表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年10月09日
[医学研究] 前頭前野と大脳基底核、行動の目的のモニタリングに関与[742view]
東京都は10月9日に、東京都医学総合研究所が「自分が何をしようとしているのかを忘れない」ための脳のしくみを発見したことを発表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年10月08日
[医学研究] 省庁横断的な医療関連の研究・開発進めるため、専門調査会発足[744view]
厚生労働省は10月8日に、「医療分野の研究開発に関する専門調査会」の初会合を開催した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年09月11日
[医学研究] 血栓性疾患における新たな検査法や治療法開発に期待  東京都[673view]
東京都と都医学総合研究所は9月11日に、「血小板膜上の微小領域における血栓形成の仕組み」を解明したことを発表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年09月05日
【注目】[医学研究] 次世代PET診断システム、今後の認知症治療・薬剤開発に期待[719view]
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は9月5日に、アルツハイマー病などの脳の病態を解明する「次世代PET診断システム」を確立したことを公表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年09月03日
【注目】[医学研究] 早期硝子体手術により失明を回避、普通学校への入学も可能に[762view]
国立成育医療研究センターは9月3日に、同センター病院・研究所細胞医療研究室の東範行医長・室長らによる研究グループが、重症未熟児網膜症に対して新しい手術法を開発し、これにより良好な視力が得られることを発表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年08月19日
[医学研究] 「高齢者・障害者の感覚特性データベース」で製品開発等に期待[696view]
産業技術総合研究所は8月19日に、「高齢者・障害者の感覚特性データベース」を公開した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年08月09日
[医学研究] 未来医療研究人材養成事業、東大等合計25件を選定  文科省[679view]
文部科学省は8月9日に、「未来医療研究人材養成拠点形成事業」の選定結果を公表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年07月19日
【注目】[医学研究] 理化研等のiPS細胞用いた加齢黄斑変性治療の臨床研究を認可[929view]
厚生労働省は7月19日に、(1)理化学研究所(2)先端医療振興財団先端医療センター―が「加齢黄斑変性に対するiPS細胞を用いた臨床研究」を実施することを、厚生労働大臣が了承した旨を発表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年07月04日
[医学研究] ALSなどの神経変性疾患の発症メカニズム解明、治療薬に期待[766view]
東京都は7月4日に、東京都医学総合研究所による「筋萎縮性側索硬化症(ALS)等の患者脳に出現する原因タンパク質TDP-43の異常凝集物が自身を鋳型として細胞内で増殖・蓄積する」メカニズムを実証したことを発表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年06月19日
【注目】[医学研究] 乳酸菌が小腸内の樹状細胞を活性化、強い抗炎症作用を発揮[759view]
産業技術総合研究所とキッコーマンは6月19日に、乳酸菌が腸管内において特有の抗炎症作用を発現するメカニズムを発見したと公表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年06月06日
【注目】[医学研究] 2030年までに健康寿命と平均寿命の差縮小等目指した総合戦略を[898view]
内閣府は6月6日に、総合科学技術会議を開催した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年05月28日
[医学研究] 大学における未来医療研究人材養成事業を公募  文科省[803view]
文部科学省は5月28日に、「未来医療研究人材養成拠点形成事業」の公募を開始した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年05月24日
[医学研究] 抗炎症バイオ医薬品の開発に期待できる酵素を発見  東京都[731view]
東京都医学総合研究所は5月24日に、「体に優しい脂質成分を免疫器官で動かして炎症にブレーキをかける酵素を初めて同定した」と発表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年05月07日
[医学研究] 認知症薬開発、脳内インスリン・シグナリング系を分子標的に[790view]
九州大学の生体防御医学研究所は5月7日に、「糖尿病がアルツハイマー病の危険因子となるメカニズム」を解明したと公表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年05月06日
[医学研究] 新しい骨代謝調節機構を解明、骨粗鬆症の治療薬開発に期待[707view]
慶応義塾大学医学部腎臓・内分泌・代謝内科の研究グループ(竹田特任准教授・伊藤教授ら)は、5月6日のプレスリリースにおいて、「骨の感覚神経が骨量の維持に重要な働きをしている」ことを公表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年04月24日
[医学研究] PLA2G3酵素、新規抗アレルギー薬の創薬標的として有望[809view]
東京都医学総合研究所は4月24日に、体の中で脂質に働く酵素と受容体の研究から、「アレルギー発症の新しい仕組み」を解明したと発表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年04月11日
【注目】[医学研究] 2025年目指すイノベーション戦略、在宅・再生医療で成果あげる[1029view]
内閣府は4月11日に、総合科学技術会議の「有識者議員懇談会」を開催した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年03月07日
[医学研究] 人為的にレビー小体型認知症様のマウス作成、新薬開発等に期待[868view]
東京都医学総合研究所は3月7日に、レビー小体型認知症、パーキンソン病の原因タンパク質を普通のマウスの脳内に接種すると、「マウスの正常なタンパク質が異常に変換され、その異常タンパク病変が時間経過に伴って広がることを、世界で初めて実証した」と発表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年02月28日
【注目】[医学研究] iPS細胞用いて難病を再現し、創薬研究等推進する研究がスタート[983view]
厚生労働省は2月28日に、「疾患特異的iPS細胞を活用した難病研究」を文部科学省と共同実施することを発表した(25年2月開始)。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年02月22日
[医学研究] 特許成立、Muse細胞の再生医療等への実用化進展に期待  NEDO[952view]
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2月22日に、ヒトの生体内に存在する多能性幹細胞(Muse細胞)と、このMuse細胞を生体組織から分離する技術に関する特許が日本国内で成立したことを公表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年02月08日
[医学研究] RP58転写因子がニューロン移動を制御、今後ヒトでの解析に期待[977view]
東京都医学総合研究所は2月8日に、「脳の形成を決める遺伝子を制御するタンパク質を世界で初めて突き止めた」ことを発表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2013年01月25日
[医学研究] 空腹状態で記憶力が上がる仕組みを発見、記憶障害治療に期待[1162view]
科学技術振興機構(JST)は1月25日に、「空腹状態になると記憶力があがる仕組み」についての研究結果を公表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2012年12月20日
[医学研究] iPS細胞を利用した創薬研究、9機関に2.5億円ずつ整備費補助[1408view]
厚生労働省は12月20日に、iPS細胞を利用した創薬研究支援事業の公募結果を公表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2012年12月19日
[医学研究] ラパマイシン投与療法、成人の自閉症患者の症状改善の可能性[1178view]
東京大学と東京都医学総合研究所は12月19日に、「自閉症に対する新しい薬物治療」方法を開発したことを発表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2012年11月29日
[医学研究] iPS細胞等保管体制整備事業、大阪大学等6機関を選定[1358view]
厚生労働省は11月29日に、iPS細胞等の臨床研究安全基盤整備支援事業の公募結果を公表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2012年11月28日
[医学研究] 鎮痛薬必要量と関連する遺伝子多型発見、疼痛治療の個別化へ[1355view]
東京都は11月28日に、東京都医学総合研究所が、東京歯科大学など15機関との共同研究によって、「鎮痛薬感受性(効きやすさ)と依存重症度の両者に影響する遺伝子配列の差異を発見した」ことを発表した。
  • 医学・薬学
  • 医学研究
2011年09月12日
[医学研究] 難治性血液がんの原因遺伝子発見で治療法開発の可能性  東大[2413view]
東京大学医学部附属病院がんゲノミクスプロジェクトは9月12日に、骨髄異形性症候群(MDS)の原因遺伝子を発見したことを公表した。
  • 医学研究

ページの終わりになります。

ページの先頭へ戻ります。