このサイトはスタイルシートを使用しております。
お使いのブラウザはスタイルシートに対応していないか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性がございます。

ページの先頭になります。

ページ内移動用のリンクになります。

ここから本文になります。

WIC REPORT一覧(2020年度改定)

2019年11月08日
【注目】[改定情報] オンライン診療の要件緩和、意見は平行線のまま 中医協・総会[323view]
●中央社会保険医療協議会・総会は11月8日、「オンライン診療料」などの要件緩和の是非などを議論。 ○これまでと同様、診療側は、生活習慣病患者の治療と仕事の両立支援にオンライン診療を活用できるよう要件緩和を要望したが、診療側はエビデンスの確立や環境整備が不十分な現状での緩和は避けるべきだと主張し、対立。議論は紛糾した。 ○医療従事者の働き方改革についても議論し、診療側は中小病院での「医師事務作業補助体制加算」の算定が可能になるように、「年間の緊急入院患者数800名以上」の要件見直しを提案した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年11月08日
【注目】[改定情報] 次期改定は19年度薬価調査の実勢価格を反映 薬価専門部会[257view]
中央社会保険医療協議会・薬価専門部会は11月8日、2020年度薬価改定について、19年度薬価調査で把握した市場実勢価格をベースに改定後薬価を算定することを決定した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年11月08日
【注目】[診療報酬] カンファでのICT活用を推進、要件緩和へ 中医協・総会[149view]
厚生労働省は、医療機関でのICT(情報通信技術)を活用したカンファレンス実施の推進を、診療報酬の要件緩和によって後押しする方針だ。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年11月08日
[診療報酬] 20年度薬価改定、消費税改定結果を反映させず 中医協部会[54view]
2019年10月の消費税増税対応薬価改定後の20年度薬価改定について、厚生労働省は、19年9月分を対象に実施した薬価調査の結果を基に実施するとの論点を、8日の中央社会保険医療協議会・薬価専門部会に提案、了承された。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年11月08日
【注目】[診療報酬] オンライン診療料、一部の難病で要件緩和へ 中医協・総会[253view]
厚生労働省は8日の中央社会保険医療協議会・総会で、医療分野でのICTの利活用を促す取り組みなどについて議論し、情報通信機器を使って一部の指定難病などの診療を行った場合に算定できるオンライン診療料の要件を緩和することを提案し、大筋で了承された。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年11月08日
【注目】[診療報酬] 働き方改革を推進する取り組みにさらなる評価を 厚労省[295view]
厚生労働省は8日の中央社会保険医療協議会・総会で、働き方改革のためにタスク・シェアリングやチーム医療などを推進する取り組みについて、診療報酬でのさらなる評価・見直しを論点に挙げた。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年11月06日
[診療報酬] 在宅業務連携、「サポート薬局制度」の利用率は2割弱 厚労省[247view]
在宅薬剤業務を実施する薬局のうち、小規模の薬局同士が連携して対応する「サポート薬局制度」を利用しているのは2割弱にとどまっている-(p92参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年11月06日
【注目】[診療報酬] 看護必要度の基準見直しを主張 中医協・基本問題小委で支払側[419view]
中央社会保険医療協議会・診療報酬基本問題小委員会は6日の会合で、中医協の「入院医療等の調査・評価分科会」の検討結果と、「医療技術評価分科会」からの報告の内容を了承した(p65参照)(p3参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年11月06日
【注目】[診療報酬] 在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料の要件緩和を提案 厚労省[498view]
厚生労働省は6日に開かれた中央社会保険医療協議会・総会で、在宅患者に対する薬学的管理などを評価する「在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料」(500点)の要件の緩和を提案した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年11月06日
【注目】[診療報酬] 在支病の往診医師、「オンコール体制」を提案 厚労省医療課長[340view]
2018年度診療報酬改定では、複数の医療機関の連携による24時間の往診体制を確保し、訪問診療を行う場合の評価を新設するなど、在宅医療ニーズの多様化に対応した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年11月06日
[改定情報] 急性期一般の該当患者割合引き上げを改めて要望 幸野委員[158view]
支払側委員の幸野庄司委員(健康保険組合連合会理事)は11月6日の中央社会保険医療協議会・診療報酬基本問題小委員会で、「急性期一般入院基本料」の該当患者割合の基準値や、「療養病棟入院基本料」の医療区分2・3該当患者割合の基準値の引き上げなどを改めて要望した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年11月06日
[改定情報]複数医療機関での訪問診療、情報共有に課題 中医協・総会[158view]
●在宅医療がテーマになった11月6日の中央社会保険医療協議会・総会では、「在宅患者訪問診療料(I)2」について、主治医が依頼先の訪問回数を把握していないことが問題視された。診療側は医療機関同士の情報連携を評価する報酬がないことが一因と主張して評価の新設を求めたが、支払側は算定要件化を要望した。 ○「在宅患者訪問褥瘡指導管理料」では、初回訪問からおおよそ3カ月後の評価カンファレンス時まで報酬を算定できない仕組みの見直しが、検討課題に位置づけられた。 ○在宅療養支援病院の往診体制についても議論。現在は夜間に当直医と往診医が病院に待機しなければならないが、厚生労働省は、オンコールなどで往診をできる体制が整っていれば、往診医が病院に待機する必要がないことを運用上明確化する考えを明らかにした。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年11月05日
[改定情報] 20年度改定は一定程度のマイナス改定とすべき 財務省が提言[767view]
財務省は11月1日の財政制度等審議会・財政制度分科会に提出した資料で2020年度診療報酬改定について、国民負担を抑制する観点から「一定程度のマイナス改定」が必須との考えを表明。診療報酬本体への切り込みも求めた。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年11月01日
[改定情報] 働き方改革の重点項目化に保険者が異議 社保審・医療保険部会[566view]
社会保障審議会・医療保険部会は10月31日、前回に引き続き、2020年度診療報酬改定の基本方針について議論した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年11月01日
[改定情報] 入院医療分科会が報告を取りまとめ、ポイントを解説[471view]
診療報酬調査専門組織・入院医療等の調査・評価分科会は10月30日、2020年度診療報酬改定に向けたこれまでの検討結果を取りまとめた。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月31日
[改定情報]大病院受診時定額負担、400床未満の地域医療支援病院に拡大へ[509view]
中央社会保険医療協議会・総会は10月30日、大病院の受診時定額負担とかかりつけ医機能の評価について議論。受診時定額負担では、義務化対象を400床未満の地域医療支援病院に拡大することになりそうだ。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月30日
[診療報酬] 中医協・入院医療分科会、検討結果報告案を大筋了承[131view]
厚生労働省は、30日に開かれた中央社会保険医療協議会の「入院医療等の調査・評価分科会」の会合に、急性期入院医療や地域包括ケア病棟入院料などに関する検討結果の報告案を提案し、大筋で了承された(p4参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月30日
【注目】[診療報酬] 「調剤報酬(その2)」を論点提示 中医協・総会に厚労省[889view]
厚生労働省は30日の中央社会保険医療協議会の総会に、「調剤報酬(その2)」として、▽調剤料について、病棟薬剤師業務の評価と、薬局の調剤料見直しで医療機関との比較の観点から特に留意すべき点▽調剤基本料の見直しは医療経済実態調査と検証調査の結果がまとまり次第、対応を検討▽地域支援体制加算は調剤基本料1の薬局と1以外の薬局に求める要件についてどう考えるか-を論点として提示した(p105参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月30日
【注目】[診療報酬] 機能強化加算の要件見直しを 中医協・総会[374view]
中央社会保険医療協議会・総会は30日、2020年度の診療報酬改定に向けて外来診療の見直しを巡る本格的な議論をスタートさせ、「かかりつけ医」が行う初診を評価する機能強化加算の算定要件に組み込まれている院内掲示の内容を見直すことでほぼ一致した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月30日
【注目】[診療報酬] 大病院受診時定額負担、対象病院拡大を提案 厚労省[317view]
厚生労働省は30日の中央社会保険医療協議会・総会で、紹介状なしで大病院を受診する時の定額負担について、対象となる病院を拡大する考えを示した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月28日
[改定情報] 「療養・就労両立支援指導料」の要件緩和へ 中医協・総会[397view]
厚生労働省は10月25日の中央社会保険医療協議会・総会に、「療養・就労両立支援指導料」について、企業への診療情報の提供と患者への療養上の指導を行なった段階で算定できるようにする見直しを提案し、大筋了承された。対象患者には、脳血管疾患、肝疾患、難病が追加される見通し。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月25日
[改定情報] 外国価格調整の比較水準引き下げなど了承 材料部会[373view]
厚生労働省は10月23日の中央社会保険医療協議会・保険医療材料専門部会に、内外価格差是正のための方策として、▽新規収載品の外国価格調整の比較水準の引き下げ▽既収載品の再算定における外国価格調整の比較水準の引き下げ▽再算定における引き下げ率の上限見直しーを提案し、大筋で了承された。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月25日
[改定情報] 類似薬の対象拡大に慎重意見相次ぐ 薬価専門部会[450view]
中央社会保険医療協議会・薬価専門部会は10月23日、新薬の薬価算定方式などについて議論した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月25日
【注目】[診療報酬] 医療機関と薬局、問い合わせ効率化の取り決めに評価を 厚労省[1046view]
厚生労働省は25日、中央社会保険医療協議会・総会に医師の負担軽減のための業務の効率化・合理化を提案した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月25日
【注目】[診療報酬] 救急医療管理加算1、対象患者の見直しなど提案 厚労省[272view]
厚生労働省は25日の中央社会保険医療協議会・総会で、緊急入院が必要な重症患者への医療提供を評価する救急医療管理加算1の算定対象患者を見直すことなどを提案した(p35参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月25日
[改定情報] 高額機器の共同利用、メリハリある評価を 中医協総会で支払側[260view]
●中央社会保険医療協議会・総会は10月23日、高額医療機器の共同利用を促進するための診療報酬上の評価などについて審議した。 ○診療側は、かかりつけ医機能を持つ医療機関へのCT、MRIの設置が、がんの早期発見などに貢献しているなどとして、対象を重粒子線などの特に高額な医療機器に絞り込むべきと主張。支払側は共同利用でない場合の評価を適正化するなど、メリハリの効いた評価体系の構築を訴えた。 ○厚生労働省は、入院患者が他院でポジトロン断層撮影検査を受けた場合の入院料の減額率を緩和し、共同利用を後押しすることも提案した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月23日
【注目】[診療報酬] 薬価原価計算方式の在り方など論点に 中医協部会で厚労省[437view]
次期薬価制度改革に関して厚生労働省は、23日の中央社会保険医療協議会・薬価専門部会で、新薬の原価計算方式について、前回改定で導入した補正加算に原価の開示度に応じた係数を掛ける方式の在り方や、バイオ薬で研究開発費の割合が高いケースを評価することなどを論点として提示した(p23参照)(p41参照)(p55参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月23日
【注目】[診療報酬] 学会指針に基づくCT検査、診療報酬での評価を提案 厚労省[297view]
安全な画像検査の実施を促すため、厚生労働省は23日の中央社会保険医療協議会・総会で、日本医学放射線学会のガイドライン(指針)に基づいて医療機関がCT検査を実施した場合に診療報酬で評価することを論点に挙げた(p32参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月23日
[診療報酬] 内外価格差是正で厚労省案 中医協・保険医療材料専門部会[161view]
医療機器の日本国内での価格が欧米と比べて高いことから生じる「内外価格差」を是正するため、厚生労働省は23日の中央社会保険医療協議会・保険医療材料専門部会で、新規収載品に関する外国価格調整の比較水準を引き下げることや、既収載品について再算定の比較水準や引き下げ率の上限を見直すことなどを提案し、おおむね了承された(p12参照)(p21参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月23日
【注目】[診療報酬] 類似薬効比較の算定拡大を論点提示 中医協部会に厚労省[630view]
次期薬価制度改革について厚生労働省は23日、中央社会保険医療協議会・薬価専門部会に、新薬の類似薬効比較方式の比較薬の判断基準を拡大することを論点として提示した(p31参照)。類
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月23日
【注目】[診療報酬] 厚労省、超音波検査の評価見直しを提案 中医協・総会[378view]
厚生労働省は23日の中央社会保険医療協議会・総会で、超音波検査の評価見直しを論点に挙げた(p41参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月23日
【注目】[診療報酬] CT・MRIの共同利用、診療報酬でさらに後押しを 厚労省[485view]
厚生労働省は23日の中央社会保険医療協議会・総会で、CTやMRIなどの共同利用を推進するため、2020年度の診療報酬改定でのさらなる評価で後押しする方針を示し、おおむね了承された(p23参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月21日
[改定情報] 急性期一般、該当患者割合の基準値が再び争点に 基本小委[484view]
2020年度診療報酬改定に向けた、急性期入院医療に関する議論では、該当患者の割合基準値見直しと、「急性期一般入院料2、3」でも「重症度、医療・看護必要度(以下、看護必要度)I」の届出を認めるかどうかが、争点となりそうだ。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月21日
[改定情報] 働き方改革、基本診療料での評価で各側の意見対立 中医協・総会[498view]
●中央社会保険医療協議会・総会は10月18日、医療従事者の働き方改革をテーマに議論。 ○厚生労働省は、医療機関の労務管理・労働環境改善のマネジメントを入院料加算などの基本診療料で評価する案を示し、診療側は賛意を示したが、支払側は医師の働き方改革の全容や取り組み成果が明らかになっていない段階での基本診療料での評価は時期尚早と反発。各側の意見が激しく対立した。 ○外来における薬剤耐性対策の一環として、「小児抗菌薬適正使用支援加算」の対象年齢拡大なども議論。算定対象年齢を3歳以上6歳未満にまで拡大することでは意見の一致をみたが、同加算の算定を初診時に限定する算定要件の見直しについては、月2回以上の算定容認を求める診療側と反対する支払側で意見が割れた。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月21日
【注目】[診療報酬] 改定の基本的視点、重点課題に働き方改革推進 厚労省[491view]
厚生労働省は21日、社会保障審議会医療部会の会合で、2020年度診療報酬改定の「基本的視点」を示した。
  • 2020年度改定
  • 医療制度改革
  • 診療報酬
2019年10月18日
[診療報酬] 小児抗菌薬適正使用支援加算、要件の見直しなど論点に 厚労省[177view]
厚生労働省は18日の中央社会保険医療協議会・総会で、2018年度の診療報酬改定で新設された「小児抗菌薬適正使用支援加算」の算定の対象年齢や要件の見直しを論点に挙げた(p37参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月18日
[診療報酬] 療養病棟経過措置は廃止または基準の見直しを 支払側[110view]
療養病棟から介護施設への転換を促すため介護医療院が新設されたが、それが進まない状況が明らかになり、18日の中央社会保険医療協議会・診療報酬基本問題小委員会で、支払側は、療養病棟入院基本料の経過措置の次回改定での廃止、継続する場合は経過措置の基準の見直しを求めた。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月18日
【注目】[診療報酬] 7対1病床削減へ看護必要度の基準見直しが必要 支払側[399view]
7対1から10対1への移行は進んでいない。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月18日
【注目】[診療報酬] 超急性期脳卒中加算の施設基準見直しを論点に 厚労省[358view]
厚生労働省は18日の中央社会保険医療協議会・総会で、「超急性期脳卒中加算」の施設基準などの見直しを論点に挙げた(p45参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月18日
【注目】[診療報酬] 働き方改革、診療報酬による「後押し」で論点提示 厚労省[619view]
厚生労働省は18日の中央社会保険医療協議会・総会で、医師らの業務負担を軽減するため、医療機関が働き方改革への取り組みを行った場合に診療報酬で評価することを論点に挙げた(p72参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月18日
[改定情報] 次回、検討結果報告を取りまとめへ 入院分科会[421view]

  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月18日
[改定情報] 看護必要度、A、C項目の対象見直しで賛否 入院分科会[466view]
●診療報酬調査専門組織・入院医療等の調査・評価分科会は10月16日、入院患者の状態を評価する指標について議論。 ○一般病棟用の看護必要度では、入院実施率が高い手術や生検検査の追加(C項目)、外来実施率が高い抗悪性腫瘍剤(内服)の除外(A項目)などでは賛否両論があったが、B項目で患者の状態と介助の実施の評価を区分する提案には、賛成意見が大勢を占めた。 ○集中治療室の関係では、ICU用の看護必要度を補完するツールとして、生理学的スコア(SOFAスコア)の活用を求める提案や、入退室時のSOFAスコア測定・報告の要件化対象を、現在の「特定集中治療室管理料1、2」から「同管理料3、4」、「救命救急入院料」、「ハイケアユニット入院医療管理料」にまで拡大すべきとの提案があった。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月16日
【注目】[診療報酬] 排尿自立指導料の見直しを検討 中医協分科会の結果報告案[350view]
療養病棟において「排尿自立指導料」を算定していない理由として、「経験を有する医師の確保が困難」が最も多いことが厚生労働省の調査で分かった。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月16日
[診療報酬] 「中心静脈栄養」で追加分析結果を報告 中医協分科会で厚労省[181view]
厚生労働省は16日に開かれた中央社会保険医療協議会の「入院医療等の調査・評価分科会」で、「中心静脈栄養」の継続期間を推定するため、中心静脈カテーテルから投与される高カロリー輸液の投与状況の追加分析の結果を報告した(p35参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月16日
【注目】[診療報酬] 改定の論点にSOFAスコアの報告対象の見直し 厚労省[417view]
厚生労働省は、16日に開かれた中央社会保険医療協議会の「入院医療等の調査・評価分科会」で、2020年度診療報酬改定に向けた論点として、患者の入退院時の生理学的スコア(SOFAスコア)の報告対象の見直しなどを挙げた(p32参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月16日
【注目】[診療報酬] 看護必要度IIの対象外で入院実施率の高い手術を特定 厚労省[347view]
厚生労働省は、16日に開かれた中央社会保険医療協議会の「入院医療等の調査・評価分科会」で、「重症度、医療・看護必要度」(看護必要度)IIの評価対象外の手術のうち、入院での実施率が100%、かつ年間1,000件以上の手術が計33種類あるとする分析結果を示した(p16参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月16日
【注目】[診療報酬] 中医協・入院医療分科会の検討結果報告案を提示 厚労省[363view]
中央社会保険医療協議会「入院医療等の調査・評価分科会」は16日、一般病棟の「重症度、医療・看護必要度」と療養病棟の「医療区分」について引き続き議論した(p4参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月11日
[改定情報] チャレンジ申請、B1・B2に対象拡大へ 保険医療材料部会[618view]
厚生労働省は10月9日の中央社会保険医療協議会・保険医療材料分科会に、チャレンジ申請の対象に保険収載時にB1(既存機能区分)またはB2(既存機能区分・変更あり)として希望のあった製品にまで拡大することを提案し、概ね了承された。
  • 2020年度改定
  • 医薬品・医療機器
2019年10月11日
[改定情報] 新薬創出等加算、先駆け指定品の追加容認の声も 薬価部会[590view]
中央社会保険医療協議会・薬価専門部会は10月9日、「新薬創出・適応外薬解消等促進加算(以下、新薬創出等加算)」や後発医薬品の薬価のあり方について、意見を交わした。
  • 2020年度改定
  • 医薬品・医療機器
2019年10月11日
[改定情報] 「緩和ケア病棟入院料」の要件見直しなど提案 中医協総会で厚労省[485view]
●厚生労働省は10月9日に開かれた中央社会保険医療協議会・総会に、外来や在宅での緩和ケアの実施を「緩和ケア病棟入院料」の算定要件に追加することを提案。 ○「外来緩和ケア管理料」などの算定対象を末期心不全患者に拡大する案も提示した。 ○腎代替療法も取り上げ、透析患者の腎性貧血治療薬として今年9月に薬事承認された「HIF―PHD阻害薬」について、人工腎臓に包括化されているエリスロポエチン製剤とは別の報酬体系を新たに設けることを検討課題に挙げた。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月09日
[診療報酬] 再製造SUD、収載時はオリジナル品と価格差を 厚労省[206view]
厚生労働省は、9日の中央社会保険医療協議会・保険医療材料専門部会で、一回に限って使用できる「単回使用医療機器」(SUD)の再製造品の価格に関する論点を提示した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月09日
[診療報酬] 新薬創出等加算の要件見直しに厳しい意見 中医協部会[371view]
中央社会保険医療協議会・薬価専門部会は9日、次期薬価制度改革で製薬団体が見直しを求めていた新薬創出等加算の品目要件と企業要件、また、後発品の薬価算定について議論した。
  • 2020年度改定
  • 医薬品・医療機器
  • 医療制度改革
2019年10月09日
【注目】[診療報酬] 糖尿病段階でも移植含む腎代替療法の情報提供に評価を 厚労省[496view]
厚生労働省は、増え続ける透析患者の生命予後を改善する第一選択である腎移植を推進するため、移植を含む腎代替療法の情報提供を、透析に入る前の糖尿病や慢性腎疾患の管理の段階でも新たに評価していく方針を9日の中央社会保険医療協議会・総会に提案し、了承された。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月09日
【注目】[診療報酬] 外来緩和ケア管理料、末期の心不全患者に対象拡大を 厚労省[402view]
厚生労働省は9日の中央社会保険医療協議会・総会で、緩和ケアに関する診療報酬上の評価の外来緩和ケア管理料などについて、「末期心不全の患者」も算定対象とする方向性を示した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月07日
[改定情報] DPC退出ルールは22年度改定に持ち越しへ 入院分科会[581view]
診療報酬調査専門組織のDPC/PDPS等作業グループは10月3日の入院医療等の調査・評価分科会に、一般的なDPC対象病院とは診療実態が異なる病院などについて分析した結果を報告した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月07日
[改定情報] DPC病棟から地ケアへの入棟で入院料を統一へ 入院分科会[847view]
●10月3日に開催された、診療報酬調査専門組織・入院医療等の調査・評価分科会では、DPC/PDPS(包括医療費支払い制度)対象の一般病棟から地域包括ケア病室に患者が移行する際、移行先が別病棟か同一病棟内かで算定する診療報酬が異なることについて、統一すべきとの見解で委員の意見が一致した。 ○また、許可病床数が多い病院ほど、自院の一般病床からの転棟割合が高く、逆に自宅からの入棟割合は200床未満が最も高いことが判明。 ○400床以上とそれ以下の病院では地ケア病床の役割が違うとして、診療報酬上の評価を分けるよう求める意見もあった。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月03日
【注目】[診療報酬] 特定集中治療室管理料1・2、施設基準見直しを論点に 厚労省[386view]
厚生労働省は3日に開かれた中央社会保険医療協議会の「入院医療等の調査・評価分科会」で、特定集中治療室管理料1・2に関する施設基準の見直しを論点に挙げた。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月03日
[診療報酬] 療養病棟、介護福祉士への評価求める声も 中医協分科会[249view]
療養病棟入院基本料を届け出ている病棟の約7割が、質の高い療養生活のための取り組みを実施していることが、厚生労働省の調査で分かった(p34参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月03日
[診療報酬] 認知症ケア加算など「横断的事項」を論点提示 厚労省[237view]
厚生労働省は3日に開かれた中央社会保険医療協議会の「入院医療等の調査・評価分科会」で、認知症ケア加算を含めた「横断的事項」を論点として示し、加算の算定状況などを踏まえ、「加算等の要件についてどのように考えるか」と議論を促した(p87参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月03日
[診療報酬] 抗菌薬適正使用支援加算の要件見直しが論点に 中医協分科会[387view]
厚生労働省は3日に開かれた中央社会保険医療協議会の「入院医療等の調査・評価分科会」で、抗菌薬適正使用支援加算の要件の見直しを論点に挙げた(p45参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月03日
【注目】[診療報酬] 地域包括ケア病棟入院料、「200床」で分けた評価も 診療側[467view]
地域包括ケア病棟入院料について、自院の一般病床からの受け入れが多いことが問題とされているが、3日の中央社会保険医療協議会「入院医療等の調査・評価分科会」では、200床以上の病院に多いことが明らかにされた(p95参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年10月03日
【注目】[診療報酬] DPC退出ルールは次回改定後の課題に 中医協分科会[377view]
DPC病院で、平均から外れて医療資源投入量が少なく在院日数が長い場合にはDPCになじまない可能性があるとして、DPC退出ルールの検討が進められている。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月30日
[改定情報] 医療保険部会でも20年度改定・基本方針の議論がスタート[622view]
社会保障審議会・医療保険部会は9月27日、2020年度診療報酬改定の基本方針に関する議論を開始した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月30日
[改定情報] 「総合入院体制加算」、機能分化の妨げを懸念する意見も[442view]
9月26日の診療報酬調査専門組織・入院医療等の調査・評価分科会では、総合的かつ専門的な入院医療体制を備えた病院を評価する「総合入院体制加算」について、複数の委員が、「地域医療構想」に基づく病床機能の分化・連携の流れに逆行するのではないかとの見解を示した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月30日
[改定情報] 19年度入院医療等実態調査の結果速報を公表 入院分科会で厚労省[433view]
●厚生労働省は9月26日の診療報酬調査専門組織・入院医療等の調査・評価分科会に、2018年度診療報酬改定の影響を検証した「19年度入院医療等における実態調査」の結果(速報)を報告。 ○それによると、前回調査からの1年間で約1万床が「急性期一般入院料1」(看護配置7対1)から「急性期一般入院料2」(10対1)に移行したことが明らかになった。 ○「療養病棟入院基本料」の調査では、「経過措置1(20対1または医療区分2、3該当患者割合50%のいずれかを満たせない)」を届け出ている病棟の53.2%は、今後の転換移行について「現状維持」と回答した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月27日
[改定情報] AG上市の長期収載品は段階的引き下げの前倒しを 薬価部会[590view]
中央社会保険医療協議会・薬価専門部会は9月25日、2020年度の薬価制度改革に向けた課題として、長期収載品(後発医薬品のある先発医薬品)の薬価の段階的引き下げまでの期間の在り方を議論した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月27日
[改定情報] OTC類似薬の給付除外、オンライン診療を巡り意見が対立[761view]
●中央社会保険医療協議会・総会は9月25日、2020年度診療報酬改定の個別課題として、医療従事者の労務環境改善の取り組みに対する診療報酬上の評価などについて意見交換。 ○この中で支払側の幸野庄司委員(健康保険組合連合会理事)は、医師の働き方改革推進の観点から、紹介状なしの大病院受診時定額負担の対象拡大、OTC類似薬の保険給付からの除外によるセルフメディケーションの推進、オンライン診療の要件緩和などを通じて、患者の受療行動変容を促すことを提案。 ○診療側はスイッチOTC化に反対するとともに、オンライン診療の普及が医療者の負担軽減につながるとは限らないとの認識を示した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月26日
[診療報酬] 総合入院体制加算の要件、「機能分化に逆行」との意見も[142view]
厚生労働省は26日に開かれた中央社会保険医療協議会の「入院医療等の調査・評価分科会」で、総合入院体制加算を届け出ている医療機関は3割程度とする調査結果を公表した(p94参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月26日
【注目】[診療報酬] 療養病棟の20対1から入院料1への移行は93.7% 厚労省[412view]
2018年度の診療報酬改定前に療養病棟入院基本料1の看護職員配置20対1を届け出ていた病棟の93.7%が、改定後に療養病棟入院料1へ移行していたことが、厚生労働省の調査結果で明らかになった(p68参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月26日
【注目】[診療報酬] 7対1病棟、7カ月でさらに約1万床減少と試算 厚労省[353view]
看護師配置7対1の届出病棟数は、2018年度診療報酬改定後の11月には3.5%減にとどまっていたが、新たな調査の結果、19年6月時点ではさらに3.0ポイント減少し、改定後の合計で6.5%減少したことが明らかになった(p13参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月25日
[改定情報] 20年度診療報酬改定の基本方針の議論を開始 医療部会[716view]
社会保障審議会・医療部会は9月19日開かれ、2020年度診療報酬改定の基本方針に関する議論に入った。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月25日
[診療報酬] 調剤料、14日以内対象に見直しを 中医協・総会で日薬が提案[826view]
中央社会保険医療協議会は25日の総会で、調剤報酬(その1)を議題とした。
  • 2020年度改定
  • 医薬品・医療機器
  • 診療報酬
2019年09月25日
【注目】[診療報酬] 長期収載品薬価、後発品と同一化までの期間短縮を 中医協部会[971view]
中央社会保険医療協議会・薬価専門部会は25日、次期薬価制度改革(その2)として「長期収載品の段階的引き下げまでの期間の在り方」について議論し、薬価算定組織が提案した「後発品への置き換えが進んでいる場合の段階的引き下げまでの期間短縮」については、診療側、支払側とも進めるべきとした。
  • 2020年度改定
  • 医薬品・医療機器
  • 医療制度改革
2019年09月25日
【注目】[診療報酬] 勤務環境改善への取り組み、診療報酬でさらに評価を 厚労省[501view]
厚生労働省は25日の中央社会保険医療協議会・総会で、医療機関での勤務環境の改善につながる取り組みを診療報酬でさらに評価することなどを提案した(p37参照)。
  • 2020年度改定
  • 医療制度改革
  • 診療報酬
2019年09月24日
[改定情報] 「短期滞在手術3」が外来手術阻害の可能性を指摘 厚労省 [592view]
診療報酬調査専門組織の入院医療等の調査・評価分科会は9月19日、「短期滞在手術等基本料」について議論した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月24日
[改定情報] 「データ提出加算」の要件化対象拡大へ、経過措置求める声も[428view]
●「データ提出加算」の要件化対象が、2020年度診療報酬改定で、「回復期リハビリテーション病棟入院料5、6」と「療養病棟入院基本料」を算定する許可病床数50床以上200床未満の病院などにまで拡大されることになりそうだ。 ○病院関係者も対象拡大の方向に賛同しているが、これら病院ではデータ提出できる体制がまだ整っていないとして、一定の経過措置期間の設定などを求めている。 ○「データ提出加算2」に上乗せ算定できる「提出データ評価加算」の施設基準の見直しも議論。「提出データ評価加算」の算定有無に関係なく、「データ提出加算2」算定病院のほとんどが基準(未コード化傷病名割合10%未満)を満たしていることから、基準の厳格化を求める声があがったが、病院関係者はこれから「データ提出加算2」を算定する病院に配慮し、現状維持を主張。意見が割れた。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月20日
[改定情報] 20年度改定の第2ラウンドの議論がスタート 中医協・総会[572view]
●中央社会保険医療協議会・総会は9月18日、2020年度診療報酬改定に向けた検討で、入院・外来・在宅といった個別事項を取り上げる第2ラウンドの議論に入った。 ○初回のテーマは、医薬品の効率的かつ有効・安全な使用とリハビリテーション。このなかで厚生労働省は入院時のポリファーマシー(有害事象を伴う多剤投与)対策として、これまでの減薬というアウトカムに着目した評価だけでなく、そこに至るまでの処方薬剤の調整プロセスも評価することを提案した。 ○また、重複投薬の防止策では、服用薬剤の把握や処方薬の評価・調整を円滑に行うための対応や連携を、新たに診療報酬上の評価の対象とすることを提案。次回以降に具体案を示す考えを明らかにした。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月20日
[改定情報] 「経口摂取回復促進加算」、STの専従要件緩和求める声も[380view]
9月18日に開かれた中央社会保険医療協議会・総会のリハビリテーションに関する議論では、「摂食機能療法」の「経口摂取回復促進加算」の算定回数が減少傾向にあることや、「同加算2」の算定がほとんどない現状に多くの委員が問題意識を示した。診療側委員からは言語聴覚士(ST)の専従要件緩和を求める声もあがった。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月19日
[診療報酬] 激変緩和係数、次回改定も設定を 中医協の作業グループが報告[164view]
次回診療報酬改定に向けてDPCの医療機関別係数のフォローアップを行っている中央社会保険医療協議会「入院医療等の調査・評価分科会」の作業グループは19日、2018年度改定で2年に1回の診療報酬改定時に改定年度に限定して設定した激変緩和係数を20年度改定でも設定する考え方を分科会に報告した(p92参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月19日
[診療報酬] 「短手3」の外来実施率、9つの手術・検査で4割超 厚労省[261view]
中央社会保険医療協議会の「入院医療等の調査・評価分科会」が19日に開いた会合で、厚生労働省は、短期滞在手術等基本料3(4泊5日まで)の対象とされている計17の手術や検査のうち9つで、外来など入院外での実施率が2018年5月に4割を超えていたとする分析結果を示した(p44参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月19日
【注目】[診療報酬] 診療報酬改定の基本方針、社保審・医療部会に検討案 厚労省[691view]
厚生労働省は19日、社会保障審議会・医療部会の会合で、2020年度診療報酬改定の基本方針の検討に関する案を示した。
  • 2020年度改定
  • 医療提供体制
  • 診療報酬
2019年09月19日
【注目】[診療報酬] 回リハ5・6と療養病棟、200床未満もデータ提出を 厚労省[319view]
厚生労働省は19日に開かれた中央社会保険医療協議会の「入院医療等の調査・評価分科会」で、診療実績データの提出が不要な回復期リハビリテーション病棟入院料5・6や療養病棟入院基本料を算定している200床未満の病院について、データの提出を要件化することを提案した(p22参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月18日
[診療報酬] バイオ後続品、患者への情報提供など評価を 厚労省[304view]
厚生労働省は18日の中央社会保険医療協議会・総会で、次回診療報酬改定に向け、個別事項の「その1」の「医薬品の効率的かつ有効・安全な使用」の中でバイオ後続品について課題と論点を示した。
  • 2020年度改定
  • 医薬品・医療機器
  • 診療報酬
2019年09月18日
【注目】[診療報酬] 重複投薬の解消に向けた連携など評価を 中医協・総会で厚労省[750view]
厚生労働省は18日の中央社会保険医療協議会・総会で、医療機関などが患者の服用薬剤の把握などで他と連携して取り組んだ場合などを診療報酬で評価することを提案した(p62参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月18日
【注目】[診療報酬] 入院時のポリファーマシー対策、報酬でプロセス評価を 厚労省[446view]
厚生労働省は18日の中央社会保険医療協議会・総会で、患者の入院時に医療機関が処方薬剤を総合的に調整する取り組みを行った場合について診療報酬で評価することを提案した(p76参照)。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月13日
[改定情報] 機能区分の特例、先駆け審査指定品目の評価で議論 材料部会[660view]
中央社会保険医療協議会・保険医療材料専門部会は9月11日、2020年度の保険医療材料制度の見直しについての検討に入った。
  • 2020年度改定
  • 医薬品・医療機器
2019年09月13日
[改定情報] 再生医療等製品の価格算定、独自体系構築は時期尚早 薬価部会[547view]
中央社会保険医療協議会・薬価専門部会は9月11日、2020年度の薬価制度改革に向けた課題として、再生医療等製品の価格設定や、新薬創出・適応外薬解消等促進加算(以下、新薬創出等加算)対象品目が比較薬となった新薬の薬価算定のあり方などについて意見交換した。
  • 2020年度改定
  • 医薬品・医療機器
2019年09月12日
[改定情報] 「機能強化加算」の要件見直し巡り意見の応酬 中医協・総会[846view]
●2020年度診療報酬改定の第2ラウンドの議論に先立って、厚生労働省は9月11日の中央社会保険医療協議会・総会に、18年度診療報酬改定後の主だった点数の算定状況などに関する資料を提出した。 ○このうち、「初診料」の「機能強化加算」では、算定要件を巡って、支払側と診療側の意見が激しく対立。大病院と診療所・中小病院の外来機能の分化と連携が急務とされるなかで、「かかりつけ医機能」と、その診療報酬上の評価の在り方が改めて問われることになりそう。 ○「オンライン診療料」などの届出医療機関数や算定回数の低さも問題視された。「オンライン診療料」などの届出医療機関数は病院65施設、診療所905施設。18年5月診療分での「オンライン診療料」の算定回数は、65回にとどまった。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月11日
[診療報酬] 次期薬価制度改革に向け具体的議論を開始 中医協部会[329view]
中央社会保険医療協議会・薬価専門部会は11日、次期薬価制度改革に向け、具体的な議論を開始した。
  • 2020年度改定
  • 医薬品・医療機器
  • 医療制度改革
2019年09月11日
【注目】[診療報酬] 機能強化加算の妥当性検証を主張 中医協・総会で支払側委員[468view]
中央社会保険医療協議会の幸野庄司委員(健康保険組合連合会理事)は11日の総会で、2018年度の診療報酬改定で新設された機能強化加算の算定要件の見直しを視野に議論する必要性を改めて指摘した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月06日
[改定情報] 新たな入院医療の評価体系でイメージ案を提示 厚労省研究班[755view]
厚生労働省の研究班は9月5日、診療報酬調査専門組織・入院医療等の調査・評価分科会に、新たな入院医療の評価体系のイメージ案を示した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月06日
[改定情報] 看護必要度、新基準の「心電図モニター」が論点に 入院分科会[820view]
●診療報酬調査専門組織の入院医療等の調査・評価分科会は9月5日、下部組織の「診療情報・指標等作業グループ」が行った、「重症度、医療・看護必要度(以下、看護必要度)」や「医療区分」などの分析結果について、報告を受けた。 ○看護必要度では、2018年度改定で追加された新基準のみに該当した患者に、高齢者が多く、かつ「心電図モニター」で要件を満たしているケースが多い点に関して、急性期医療の必要度の判定基準としては違和感があるとの意見が出た。 ○医療区分では、中心静脈栄養で医療区分2、3に該当した患者の過半数が在院期間180日超であることがわかった。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年09月05日
【注目】[診療報酬] 看護必要度I、基準(2)のみの患者割合、小規模病院で高い傾向[500view]
厚生労働省は5日に開かれた中央社会保険医療協議会の「入院医療等の調査・評価分科会」で、関係の作業グループによる分析の結果を公表した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年08月28日
【注目】[診療報酬] 入院医療等分科会が検討状況を報告 中医協・総会[730view]
中央社会保険医療協議会の診療報酬基本問題小委員会と総会は28日、診療報酬調査専門組織の入院医療等の調査・評価分科会から、2020年度診療報酬改定に向けた、これまでの検討状況について報告を受けた。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年08月23日
【注目】[診療報酬] 機能強化加算の算定は生活習慣病患者などに限定を 健保連[974view]
健康保険組合連合会(健保連)は8月23日、2020年度診療報酬改定に向けた政策提言を公表した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年07月25日
【注目】[改定情報] DPC/PDPS等作業グループの分析状況が報告 入院分科会[920view]
厚生労働省は7月25日、診療報酬調査専門組織の入院医療等の調査・評価分科会に、DPC/PDPS等作業グループの分析作業の進捗状況を報告した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年07月25日
【注目】[改定情報] 地域包括ケア、入院料1、3の実績評価要件が論点に 入院分科会[1034view]
診療報酬調査専門組織の入院医療等の調査・評価分科会は7月25日、地域包括ケア病棟と回復期リハビリテーション病棟について議論した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年07月24日
【注目】[改定情報] 専門組織がチャレンジ申請の対象拡大などを提案 材料部会[856view]
中央社会保険医療協議会・保険医療材料専門部会は7月24日、2020年度の特定保険医療材料価格算定基準見直しなどについて、保険医療材料等専門組織から意見を聞いた。
  • 2020年度改定
  • 医薬品・医療機器
2019年07月24日
【注目】[改定情報] 新薬創出等加算の企業指標廃止を 薬価部会が業界ヒアリング[1203view]
中央社会保険医療協議会・薬価専門部会は7月24日、2020年度の薬価制度改革について、関係業界から意見を聴取した。
  • 2020年度改定
  • 医薬品・医療機器
  • 医療制度改革
2019年07月24日
【注目】[改定情報] 1ラウンド目の議論の取りまとめを了承 20年度改定で中医協[875view]
中央社会保険医療協議会・総会は7月24日、2020年度診療報酬改定に向けた1ラウンド目の議論の取りまとめを了承した。こ
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年07月17日
[改定情報] 選定療養に関する意見募集、新規追加提案は105件 中医協・総会[684view]
厚生労働省は7月17日の中央社会保険医療協議会・総会に、選定療養に導入すべき事例などに関する提案・意見募集の結果(速報)を報告した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年07月17日
【注目】[改定情報] 訪問看護ステーションのPT数増加傾向に問題意識 中医協・総会[1575view]
中央社会保険医療協議会・総会は7月17日、介護と医療の連携や、診療報酬に関連する情報の利活用と事務の効率化・合理化などについて議論した。
  • 2020年度改定
  • 看護
  • 診療報酬
2019年07月10日
【注目】[改定情報] 地域医療構想の進捗で支払・診療側の認識に差 中医協・総会[1384view]
中央社会保険医療協議会・総会は7月10日、地域の状況を踏まえた入院医療のあり方や、医療資源の少ない地域への対応などを議論した。こ
  • 2020年度改定
  • 医療制度改革
  • 診療報酬
2019年07月03日
【注目】[改定情報] 介護医療院への転換で行政対応への問題提起も 入院分科会[1118view]
診療報酬調査専門組織の入院医療等の調査・評価分科会は7月3日、【療養病棟入院基本料】や入退院支援などについて議論した。分
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年06月26日
[改定情報] 20年度材料価格改定の検討項目、進め方を了承 材料専門部会[382view]
中央社会保険医療協議会・保険医療材料専門部会は6月26日、次期改定に向けた議論の進め方を確認した。
  • 2020年度改定
  • 医薬品・医療機器
2019年06月26日
【注目】[改定情報] 薬価算定組織から次期制度改革への意見を聴取 薬価専門部会[696view]
中央社会保険医療協議会・薬価専門部会は6月26日、薬価算定組織から2020年度薬価制度改革についての意見を聞いた。
  • 2020年度改定
  • 医薬品・医療機器
2019年06月26日
【注目】[改定情報] フォーミュラリーの診療報酬での評価に慎重論 中医協・総会1[747view]
中央社会保険医療協議会・総会は6月26日、医薬品や医療機器の効率的で、有効・安全な使用と、それに対する診療報酬上の評価について意見交換した。
  • 2020年度改定
  • 医薬品・医療機器
  • 診療報酬
2019年06月19日
【注目】[改定情報] 看護必要度I、IIの該当患者の差は4.1ポイント 厚労省が再集計[737view]
厚生労働省は6月19日の診療報酬調査専門組織・入院医療等の調査・評価分科会に、【急性期一般入院基本料】の「重症度、医療・看護必要度(以下、看護必要度)」の該当患者割合などについて分析したデータを提出した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年06月12日
【注目】[改定情報] 新規・既存技術の評価のあり方で論点を了承 中医協・総会2[1475view]
厚生労働省は6月12日の中央社会保険医療協議会・総会に、新たな技術を保険適用する際の評価や、すでに保険収載されている技術の評価のあり方についての論点を示し、了承された。
  • 2020年度改定
  • 医学・薬学
  • 診療報酬
2019年06月12日
【注目】[改定情報] オンライン診療の要件緩和など巡り、賛否 中医協・総会1[776view]
中央社会保険医療協議会・総会は6月12日開かれ、オンライン診療やICTを活用した情報共有・連携について意見交換した。
  • 2020年度改定
  • 医療制度改革
  • 診療報酬
2019年06月07日
【注目】[改定情報] 【急性期一般1】の6割が【入院時支援加算】を届出 入院分科会[629view]
厚生労働省が6月7日の診療報酬調査専門組織・入院医療等の調査・評価分科会に報告した、2018年度診療報酬改定の検証調査によると、新設の【入院時支援加算】の届出割合は、【急性期一般入院料1】が61.9%で最も高かった。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年06月07日
【注目】[改定情報] 地ケアの利用、自院の急性期病棟からの転棟が6割 入院分科会[570view]
6月7日の診療報酬調査専門組織・入院医療等の調査・評価分科会には、地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟における2018年度診療報酬改定の影響を調査した結果も報告された。こ
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年06月07日
【注目】[改定情報] 7対1から【急性期一般2、3】転換は3.1% 入院分科会調査[667view]
厚生労働省は6月7日の診療報酬調査専門組織・入院医療等の調査・評価分科会に、2018年度診療報酬改定の検証調査の結果を報告した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年05月31日
【注目】[改定情報] 実調の調査票を対象施設に送付、結果公表は11月上旬 厚労省[481view]
厚生労働省は5月31日、2020年度診療報酬改定の基礎資料となる「第22回医療経済実態調査(医療機関等調査)」の調査票を発送した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年05月29日
【注目】[改定情報] 働き方改革に対応した診療報酬のあり方で議論 中医協・総会1[1041view]
中央社会保険医療協議会・総会は5月29日開かれ、働き方改革と医療のあり方について議論した。
  • 2020年度改定
  • 医療制度改革
  • 診療報酬
2019年05月24日
【注目】[診療報酬] 働き方改革推進支援など5項目を盛る 日病協・20年度改定要望[546view]
病院関係15団体で構成される日本病院団体協議会(日病協)は5月24日、2020年度診療報酬改定に関する要望書を、厚生労働省の樽見英樹保険局長に提出した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年05月15日
【注目】[改定情報]大病院受診時の定額負担義務化、対象拡大求める意見も 中医協1[1330view]
中央社会保険医療協議会・総会は5月15日開かれ、外来医療の機能分化や患者への情報提供と支援のあり方などについて議論した。
  • 2020年度改定
  • 医療制度改革
  • 診療報酬
2019年04月25日
【注目】[改定情報] 20年度改定、DPC対象病院の要件見直しなどが論点に 入院分科会[923view]
診療報酬調査専門組織の入院医療等の調査・評価分科会は4月25日、2020年度の次回診療報酬改定に向けた課題を確認した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年04月24日
【注目】[改定情報] 生活習慣病の継続管理へのオンライン診療活用で賛否 中医協[742view]
中央社会保険医療協議会・総会は4月24日開かれ、2020年度診療報酬改定に向け、青年~中年期、高齢期、人生の最終段階における課題と論点を整理した。
  • 2020年度改定
  • 診療報酬
2019年04月10日
[改定情報] 20年度材料価格改定の検討スケジュールを了承 材料専門部会[486view]
中央社会保険医療協議会・保険医療材料専門部会は4月10日、2020年度の保険医療材料価格改定に向けた検討スケジュール案を了承した。
  • 2020年度改定
  • 医薬品・医療機器
2019年04月10日
【注目】[改定情報] 20年度改定に向けた1巡目の議論を開始 中医協・総会[1138view]
中央社会保険医療協議会・総会は4月10日開かれ、2020年度診療報酬改定に向けた1巡目の議論をスタートさせた。
  • 2020年度改定
  • 医療制度改革
  • 診療報酬

ここからカテゴリ内共通メニューになります。

ページの終わりになります。

ページの先頭へ戻ります。