このサイトはスタイルシートを使用しております。
お使いのブラウザはスタイルシートに対応していないか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性がございます。

ページの先頭になります。

ページ内移動用のリンクになります。

ここから本文になります。

特別セミナー 2016年度診療報酬改定の動向と今後の経営戦略【大阪会場】 開催報告

P1160016.jpg

 

 

2016年1月16日(土)、新大阪丸ビル別館で、
ニチイ学館特別セミナー「2016年度診療報酬改定の動向と今後の経営戦略 ~2018年 医療・介護同時改定に向けて~」 を開催しました。

 

 

 

P1160021.jpg

【第一講】
 「地域医療構想と今後の医療界の方向性」
  演者:国立がん研究センター 社会と健康研究センター 臨床経済研究室長
                    石川 ベンジャミン 光一 氏

 「今回の改定の話はしません。」という言葉で始まった石川先生のお話。
地域医療構想と平成30年度の医療・介護同時改定に向けた方向性と、自院の立ち位置を把握して今後の体制を考える上でポイントとなるデータの活用方法等をわかりやすくお話してくださいました。

 

 

P1160059.JPG

【第二講】
 「2016年度診療報酬改定・中医協での論点と改定直前対策 ~高度急性期・急性期 回復期 慢性期・在宅連携~」
  演者:株式会社ニチイ学館 医療関連事業本部 アドバイザリーチーム スーパーアドバイザー
     国際医療福祉大学大学院 診療情報アナリスト養成分野非常勤講師 渋谷 英一 氏

 1月13日の諮問、中医協での今までの議論を踏まえた「現時点の骨子」等について、実際の中医協の温度感が伝わるような話から始まりました。
医療機関の機能別に今準備すべきこと・対策すべきことを中医協の資料を交えながらお話させていただきました。

 

 

 

P1160091.JPG

【第三講】
 「2016年度診療報酬改定・DPC病院改定のポイント ~すぐに検証確認すべき項目について~」
  演者:株式会社ニチイ学館 医療関連事業本部 アドバイザリーチーム
 スーパーアドバイザー 大平 真也 氏

 「内保連指数」「重症度指数」「入院期間Ⅲを30の整数倍」「CCPマトリックス」・・・今回のDPC改定のポイントとなる項目について、実際に検証すべき項目のシミュレーションを交えながらの解説を行いました。
また「重症度、医療・看護必要度」の見直しや病棟群単位での届出についても、事前のシミュレーションの重要性をお話させていただきました。

 

 

 また、ご参加いただきましたお客様より、下記のようなご感想を頂戴しました。

・回復期病棟について、改定する部分を聞けてよかったです。
・わかりやすい講演でよかったです。
・政策等背景をふまえた説明で理解しやすかったです。
・とても勉強になりました。資料も見やすかったです。


 当日は定員を上回るたくさんの方々にご参加いただきました。皆さんとても熱心に聴いていらっしゃる姿が印象的でした。今後の病院経営を考えていく上でのデータ活用の方法等、非常に有用な内容盛りだくさんのセミナーであったと思います。


 お客様から頂戴しましたご意見を今後のサービスに反映し、よりお客様のご要望に沿ったセミナーがお届けできるよう、努力してまいります。

 今後もニチイ学館では、平成28年3月下旬より、診療報酬の点数改定の最新情報や各都道府県の医療計画・政策などを解説する「平成28年度診療報酬改定セミナー」を全国にて開催いたします。詳細につきましては後日、NiCoLinkに掲載いたします。
 多くのお客様のご参加をお待ちしております。

 また、病院様の実態に沿った診療報酬改定対応のセミナーにも対応いたします。
 ご要望・ご相談はお気軽に下記問合せフォームよりお問合せください。

 

 

問合せ(青).jpg

ここからカテゴリ内共通メニューになります。

ページの終わりになります。

ページの先頭へ戻ります。