このサイトはスタイルシートを使用しております。
お使いのブラウザはスタイルシートに対応していないか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性がございます。

ページの先頭になります。

ページ内移動用のリンクになります。

ここから本文になります。

PICK UP REPORT(医院経営における「再受診率」の重要性と、再受診率向上のための施策)更新のお知らせ

2018年07月10日

PICK UP REPORTにて、「医院経営における「再受診率」の重要性と、再受診率向上のための施策」を掲載いたしました。
 
 一般的に、医科医院の経営者は歯科医院の経営者と比べて、まだ患者の再受診率(リピート率)に対する意識が弱いのではないでしょうか。競争が激しい歯科医院では、患者の再受診率を上げるための施策は、医院経営上の基本といえます。
 医科医院も、競合医院の増加と外来受診人口の減少などにより、新規の患者が減少傾向にあるなかで、今後は益々患者の再受診率を意識し、具体的な施策を打つ必要性が出てきています。
 当然ながら、医療的に不必要な再受診を、利益目的で患者に促すことは、医療機関としての倫理に反することであり、また、患者本位の考えではありません。ここでの、「再受診を向上する」のは、あくまで本来医療的に再受診が必要なタイミングで患者に再来院してもらうことを指します。
 ここでは、筆者が経営するスマイル眼科クリニック(横浜市青葉区青葉台)を例に、再受診率を意識するようになってからの、患者数の推移を見てみましょう。
 
 
詳しくは、PICK UP REPORTよりご確認ください。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 
PICK UP REPORTへ
 
 

ここからカテゴリ内共通メニューになります。

ページの終わりになります。

ページの先頭へ戻ります。