このサイトはスタイルシートを使用しております。
お使いのブラウザはスタイルシートに対応していないか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性がございます。

ページの先頭になります。

ページ内移動用のリンクになります。

ここから本文になります。

PICK UP REPORT(待ち時間を短縮しながらスタッフの負担軽減と増患もできる!ディズニーリゾート<ファストパス>に学ぶ、「時間帯予約」活用術 その2)更新のお知らせ

2017年06月07日

PICK UP REPORTにて、「待ち時間を短縮しながらスタッフの負担軽減と増患もできる!ディズニーリゾート<ファストパス>に学ぶ、「時間帯予約」活用術 その2」を掲載いたしました。

前回の記事ではディズニーリゾートの<ファストパス>の概要、および、<ファストパス>に学ぶクリニックにおける予約システム活用法として「時間帯予約」の概要をご説明しました。
 今回は、「時間帯予約」の効果を最大化するための具体的な運用方法についてご紹介します。
 
ファストパスは、混雑具合により発行枚数に制限が設けられていることは前述の通りです。時間帯予約も同様で、時間帯ごとのファストパスの発行枚数、つまり、曜日や時間帯ごとの予約患者数の上限を混雑具合に応じて上手にコントロールし、適切な時間帯に適切な数の予約枠を設定して、患者数が極力「平準化」するように促すことが、メリットを引き出すために最も重要なポイントになります。


詳しくは、PICK UP REPORTよりご確認ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


PICK UP REPORTへ

待ち時間を短縮しながらスタッフの負担軽減と増患もできる!~ディズニーリゾート<ファストパス>に学ぶ、「時間帯予約」活用術 その2~

ここからカテゴリ内共通メニューになります。

ページの終わりになります。

ページの先頭へ戻ります。