このサイトはスタイルシートを使用しております。
お使いのブラウザはスタイルシートに対応していないか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性がございます。

ページの先頭になります。

ページ内移動用のリンクになります。

ここから本文になります。

PICK UP REPORT(アメリカの医療IT化(ICT化)の現状と動向 | なぜクリニックがITを導入するのか?)更新のお知らせ

2016年04月25日

PICK UP REPORTにて、「アメリカの医療IT化(ICT化)の現状と動向 | なぜクリニックがITを導入するのか?」を掲載いたしました。

 

ここ数年のIT(ICT)の発達と進化を受けて、周知のとおり、医療の分野にも様々なITを活用したツールが導入されています。

先生方の中にも、クリニックを経営するにあたり、実際に電子カルテやレセコン、予約管理システムなど、ITソフトウエアを導入したり、導入を検討したりしたご経験のある方は多いのではないでしょうか。

 

今回の記事では、ITソフトウエアの中でもPMS(Practice Management System/Software)に焦点を当て、アメリカにおける現状やシステム導入を決めた理由・モチベーション、ソフトウエアがクリニック経営にとってどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

 


詳しくは、PICK UP REPORTよりご確認ください。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

PICK UP REPORTへ

 「アメリカの医療IT化(ICT化)の現状と動向 | なぜクリニックがITを導入するのか?」

ここからカテゴリ内共通メニューになります。

ページの終わりになります。

ページの先頭へ戻ります。