このサイトはスタイルシートを使用しております。
お使いのブラウザはスタイルシートに対応していないか、スタイルシートの設定が有効になっていない可能性がございます。

ページの先頭になります。

ページ内移動用のリンクになります。

ここから本文になります。

PICK UP REPORT(クリニック経営者にとっての悩みのタネ、「スタッフの離職」の注視すべき4つのサイン)更新のお知らせ

2016年08月19日

PICK UP REPORTにて、「クリニック経営者にとっての悩みのタネ、「スタッフの離職」の注視すべき4つのサイン」を掲載いたしました。


クリニック経営において、スタッフの離職は頭の痛い問題です。

特に、普段の業務中は医師が診察にかかりきりになることも多いため、離職を検討し始めているスタッフが出すサインに気づくことが遅れがちです。

 

優秀なスタッフや経験豊富なスタッフが抜けてしまうと、代わりのスタッフを雇うために大変なお金と時間と労力がかかるだけでなく、個別の患者さんとのコミュニケーションや行き届いた診療を行う上で重要なカルテには書かれていない情報をクリニックが失うことになり、患者サービスの質が低下することにつながります。

また、新たに採用できたとしてもそのクリニックのスタッフとして仕事を熟知するまでには長い時間がかかり、その間、他のスタッフの負担が増えるだけでなく、サービスの質が低下したり、待ち時間が増えるなど、患者さんの満足度にもネガティブな影響が出やすくなります。

スタッフの離職は、まさに、経営を直撃する大きなダメージと言えるでしょう。

 

今回の記事では、限られた交流や普段の業務の中で見極めやすい、スタッフ離職の4つのサインと対処法についてご紹介します。

 

詳しくは、PICK UP REPORTよりご確認ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


PICK UP REPORTへ

クリニック経営者にとっての悩みのタネ、「スタッフの離職」の注視すべき4つのサイン

ここからカテゴリ内共通メニューになります。

ページの終わりになります。

ページの先頭へ戻ります。